合気道を通じて心身を鍛練し、あらゆる面で広く人類社会の向上をはかることを目標とします。

1 / 41234

第180126稽古 片手取り呼吸投げの「入身」その2

第18126稽古 片手取り呼吸投げの「入身」その2

第16617稽古 片手取り呼吸投げの「入身」で説明した
➀片手取り上段の呼吸投げは、握られた自分の手を楽にし、その手に向かって自分の正中線を空振りしないようにぶつけていく。
結果として相手の握った手と気結びした相手の正中線にぶつかり、二人の衝突したベクトルの和の方向に手が進むことになる。
まずこのことができるように稽古する。自分の正中線を相手の正中線に手を介してぶつかりに行く感じ。

>この感覚は相対した体術のときに体感できるもので、前後の動きが上下の動きへと変わったものの様です。

 一方、杖を重量上げの様に手の力ではなく、体の力で上げ下げする動きは対「杖」に対する相対だと思ってみます。
この時、徐々に杖に教えられることは、元から左右の動きではなく、上下の動きでうまく(いいハーモニ)で行うことです。
手を体でかざすとき、明らかに頭で思っている動きではない体の動きが生じています。ある意味とても複雑(ある部分は上がり
ある部分は下がりにかかっている)なそれでいてとても調和のとれた動きを大地(地面)使い行っています。

この動きが剣、杖を振りかざし下す動作の根源にあると気づかされます。(これを繰り返し実感し、自分のものにすることが
稽古をするということに思えてきます。)座技呼吸法に秘められているものと思われます。

この動作を意識して
➁相手の中心の上に自分の体重の中心を乗せるよう体を運びます。

>と、自分も相手も「真空」(の接点)で結ばれる状態になり、手をどの方向に下ろそうと(下ろさまいと関係なく)
 相手や自分の動きを邪魔しなければ、相手は地に落とされます。
これが上段の呼吸投げだったり、中段(四方投げ)だったり、下段の呼吸法だったりするわけです。

つまりここでちゃんと「座技呼吸法」で培った「胴体、足、頭など全身の」体が状況に応じて(手ではなく)使えているか
が重要だということです。

➂この辺になると実際に現場ので稽古を重ねていくしかないですが、分かってくると有無も言えぬ合気道
冥利の理合が楽しめます。言葉では表現できない内容がたくさんあります。実際の稽古を楽しみにしてご参加ください。
これもやはり、受け身(仕手)の力量が問われます。いい受けを取りましょう。

>「受け」については別の機会に話したいと思います。
でも「受け身」としてのアタッカーは、ある意味自分の手を手でコントロールするのではなく、「体」でコントロール
できるよう稽古すると相手の中心をつかめやすくなるようになると思います。

日付:2018/01/26 10:09

自分に合った稽古予定表の表示方法(ご紹介)

■自分に合った稽古予定表の表示方法(ご紹介)

守清館の毎月の稽古予定表(HPトップページ)は全ての道場の予定を掲載しているために大変見にくく見ない方も
多い状況かと思いますの、自分に合った稽古予定表の表示方法をご紹介いたします。

毎月の稽古予定表の右上の欄外に「予定リスト」という表記がありそこに「▽」があります。
この「▽」をクリックすると、各道場の名前一覧が出てきます。この中で
自分が見たい道場だけに☑印を付け、他を□のままにしておくと、自分が見たい
道場だけが表示され、大変見やすくなります。
是非、ご活用下さい。

日付:2018/01/08 15:23

第16617日稽古 片手取り呼吸投げの「入身」

第16617稽古 片手取り呼吸投げの「入身」

片手取り上段の呼吸投げは、握られた自分の手を楽にし、その手に向かって自分の正中線を空振りしないようにぶつけていく。

結果として相手の握った手と気結びした相手の正中線にぶつかり、二人の衝突したベクトルの和の方向に手が進むことになる。

まずこのことができるように稽古する。自分の正中線を相手の正中線に手を介してぶつかりに行く感じ。

次にこのベクトルの方向と力の和が打ち消しあわないように左右の足の置き方を徐々に(最後は瞬時に)できるように鍛錬して行きます。

特に後ろの足をうまく入身(一足)することを稽古で繰り返し、相手の中心の上に自分の体重の中心を乗せるよう体を運びます。

下段も中段(四方投げ)も同じ要領で鍛錬して行きます。有段者でも最初はかなり難しいのですが、分かってくると有無も言えぬ合気道

冥利の理合が楽しめます。言葉では表現できない内容がたくさんあります。実際の稽古を楽しみにしてご参加ください。

これもやはり、受け身(仕手)の力量が問われます。いい受けを取りましょう。

先週から来週にかけ、守清館の稽古ではこれを行っていきます。

 

 

日付:2018/01/01 19:18

守清館(笹塚) 朝稽古の初心者クラス開設について(変更)

■守清館 笹塚  初心者向け早朝クラス(基礎クラス)

・日時 : 月曜日・水曜日朝 8:00~9:00(守清館)

前半は基本をひとつづつ積み上げていきます。後半は有段者と一緒に基本技を稽古していきます。

日付:2017/06/22 12:01

守清館メモ(山口清吾師範20周年祭から) 

◆守清館メモ

昨日平成28年4月9日、山口哲先生主催の「合気道 山口清吾先生 二十年祭」に参加させていただきました。
まずは、主催者山口哲先生、発起人の高弟であられた八段の先生方々に深く感謝する次第です。

冒頭一時間にわたる哲先生自らの編集による山口清吾師範のビデオが放映され拝観させていただき
20年前の先生の道場でのご指導が甦って参り、清々しくも緊張感のある一時間となり感銘を受けました。

その折、同席していた方からなぜ守清館の合気道はビデオとは違い柔らかいのですかという率直な疑問を
投げかけられました。

私は実はあまり山口師範のビデオを見ないのですが、今回のビデオをやや厳しい投げや剣の振りが
メインに編集され、とても鮮烈な印象を得え感銘しました。哲先生にも拝観後、素晴らしいビデオでしたと
申し上げました。

その後のこの「なぜ柔らかいのですか」という質問に正直すっきりと回答できていない自分を感じていました。
なぜかと申しますとたぶん山口清吾師範が私を本部道場でいつもいつも受け身に使っていただいていた時代が
六十代だからと回答したのですがそれだけでは説明がつかない。

ふと、今朝守清館のホームページに掲載しておいた昨年の全日本合気道演武大会での守清館演武のビデオを見てみたのですが
それを見て少し回答が見つかりました。
私の受け身の時代はたぶん師範はかなりの孤高のレベルにおられ弟子たちに教えようとする気持ちが以前より強くなって
おられたのではないかと思います。私にはあまり厳しい投げをなさらなかったのか
私は一度も厳しい投げをされたという印象がなく、いつも柔らかく投げていただいていた印象しかないのです。
でも、私の勘違いも多少あるのかもしれません。
ただ瞬時の自分が受け身で反応しているスピードは大変に速かったと思いますし、シャープさはいつでも加減できる緊張感が
常に秘められていました。そして先生にいつもまっすぐ向かっているのですが力が及ばず、先生は真上にいるのですがとても遠くから
私を柔らかくでも細く捕まえて離さないのです。その当時の私の受け身の反応は全く「動物」そのものですし、先生の投げは自分では
どうにもならないもので、頭の意識は空っぽだったように思います。そして投げられた後は体が生き生きと甦って元気になっていること
に気づいていました。

ということで、私の合気道探求はその瞬時の投げの受け身をとっているときの何をされたか分からない。そこからの
探求のように思います。その一つに手を翳す(かざす。あげる。)ということの一点に今まで焦点が絞られていたように
思います。生前師範はよく本部稽古では「ゆっくりやるほうが難しい」とおっしゃっていました。

そうやってあらためて昨年の日本武道館での守清館の演武大会での演武のビデオを見ると間違った稽古はしていないと
思うと同時に自分の未熟さと指導の足りなさがよく見え、明日への意欲が新たに湧き出てきました。

二十年祭に参加させていただき、誠にありがとうございました。

守清館 溝口

 

 

日付:2016/04/10 06:46

平成27年度上期 早朝初心者教室の参加者募集!(水曜朝6時半~、4月~8月)

■早朝初心者教室の参加者募集!

・場所:守清館(笹塚駅4分)
・稽古期間:平成27年4月~8月全18回
・稽古日時:水曜日早朝6:30~7:25(第5週目、祝日、夏休みは休み)
・参加対象:初心者
・参加費:3万円
・稽古内容:初心者に対し、1から受け身、基本技を丁寧にご指導致します。
・実施人数:2人以上~4人
・問い合わせ:守清館の「問い合わせメール」にお気軽にお問合せ下さい。

守清館 溝口

日付:2015/02/09 09:24

初心者クラス(朝活)メモ①(H25.9.30)

【守清館 初心者クラス】
 初心者のみのクラスを設けました。早朝稽古・午前稽古(朝活)です。
(早朝稽古7時~7時50分 月・水・金・(土))
現在、初心者は二名、元初心者で有級者が三名の方が参加しています。笹塚近隣と京王線沿線、23区内の方です。出勤が9時半~10時半の方々、6時過ぎ起床とのことで軌道に乗りつつ頑張っておられます。初心者だけなので、お互い気心がつかめ楽しい稽古が続いています。
(午前稽古8時45分~9時45分 水・金)
現在、女性の方が一名です。この時間帯に稽古ができる道場は守清館以外はなかったそうです。フレックス勤務で夜にかかる仕事の中で、半年が過ぎ稽古に通う習慣を今はしっかりつけられています。一般クラス(9時10分~)と重なっているので予習復習を全般で個人指導しており、満足頂いたいると思います。
・稽古場所:
 守清館 (更衣室・シャワーあり、道着の保管希望受付ます。希望者は洗濯します(1回500円)。)
・参加定員:
 1人~10人(個人個人の上達状況に合わせ丁寧に指導します。)

・費用:
  入会金  5,000円
  参加費  8,000円(月・平日自由に参加可)

タグ:|||||
日付:2013/09/30 15:10

守清館メモ(平成25年 謹賀新年)

■守清館メモ(平成25年謹賀新年)
あけましておめでとうございます。
今年の目標は昨年同様「しっかり、たつ」です。
それに加え、さらに「しっかり、たつ」ために
昨年はあまりできなかった「太刀すじ」による体の使い方を研究していきたいと思います。
その為には、蛇のような執念、あきらめない努力による更なる前進に挑戦して参りましょう。

仲間作りも大切にしていきたいと思います。合気道は初段からがスタートです。また、会員の
方を正しく導く責任は指導者にあります。
本当に正しい指導をしているのかを自問自答しながら、会員一人ひとりの個々の特徴を理解し
基本のあり方を伝えながら、きちんとした的が外れていない合気道家を育てていければとと
模索して参りたいと思います。

会員あっての指導者、指導者あって会員のチームワークを合気道の毎回の稽古を通じて培って
いきたいと思っております。
守清館一人ひとりの会員が、かけがえのない方です。

楽しみな一年がまたいよいよ始まりました。
よろしくお願いいたします。

守清館 溝口

■守清館メモ(平成24年謹賀新年)

あけましておめでとうございます。
今年の目標は「しっかり、たつ」です。

昨年はじめた「杖」の単純明解な素振りから、いかに今迄全身を使って半身での杖の振り落としの教えに気づいていなかったかを「杖」(棒)に教えていただきました。

「31杖」は31での覚え方で、その組杖は相対の中での、流れの中にある素振りの変化の基本動作の連続で、合気道の「体捌き」の原点の一つだと思います。

大変、奥が深い。何が深いかというと体術の中で自分のからだを十分に使いきっていないことを限りなく悟らされます。合気道の体術の原点の一つに「体の骨組み」の使い方があります。これは、スキーやスケートなどをはじめ、全てのスポーツ、芸能、芸術につながる原点だと思います。

私達は、「体の骨組み」でたっています。それを筋肉が支えています。
その「たち方」で筋肉のつき方も変わります。そして動きも変わります。

合気道の杖術が重要か否かというより、謙虚に「棒の筋」の教えに聴く力を持とうとすれば、自分の「体+心」の思い込みをほぐし導いてくれる
自然の力を感じます。

押す(突く)、引く(抜く)の両方の動きが同時に自然にでてきます。
太刀は更に、自分の思い込みを解きほぐす、太刀の教えがありそうです。

心と体は別々のものではないということを、更に合気道から教えていただく年なりそうです。

日付:2013/01/01 00:00

中目黒道場の近況情報(その5)

■中目黒道場の近況情報(その5)

12月の稽古は昨日27日木曜日で終了いたしました。一般稽古での状況も良好です。来年2013年1月より本格始動となります。 現在は初心者クラスを朝6時半から、一般クラスを朝7時からとしていますが、7時半~8時半のクラスの希望者もおり、新規会員の状況で調整してまいります。冷暖房設備があるので大変快適です。中目黒駅下車徒歩3分なので、恵比寿クラブの会員からは大変好評です。(2013.12.28) 

■中目黒道場の開設情報(その4)
12月3日、はじめての中目黒道場の稽古をいたしました。参加者は、恵比寿クラブの女性がお一人でしたが、ストレッチング、柔軟体操、前受け身のとり方、技を少しやりました。床が柔らかく、場所全体が、明るくとても快適で私含め、設備の評価は上々でした。次回、12月6日木曜日が楽しみです。(2012.12.3.)  

■中目黒道場の開設情報(その3)

12月3日月曜日に早朝稽古を恵比寿クラブの会員の初心者の女性とやることになりました。7時前後の稽古開始になると思います。月曜稽古は12月は1回だけですが、参加者がもう一人でれば、1月から開始する予定です。早朝稽古は仕事や遊びに拘束されない時間帯だけに参加者が増えると予測しております。(2012.11.25)

■中目黒道場の開設情報(その2)

12月は、6、13、20、27日木曜日は、予定通り8:30~9:30で稽古を始めます。
入会希望者の希望に合うよう当初は稽古時間を調整していきます。

また1月以降、早朝稽古(6:30から8:30までの時間帯)を希望される方がいれば、
月曜日に稽古時間を設定する予定でおります。(h24.11.22)

 

■中目黒道場の開設

12月より、中目黒駅前の地下に施設をお借りし、朝稽古を始めます。恵比寿クラブを含め、
この地区で 週2回以上の稽古ができることを考えたものです。

当面は、毎週木曜日(今は暫定的に8時半~9時半)に稽古を行い、来年からは朝6:40~7:30、
7:00~7:50の稽古を行いたいと思っております。続いて毎週月曜日の朝稽古も 計画中です。

皆様のお気軽な無料体験をお待ちしております。詳しくは「恵比寿・中目黒地区クラブ」をご覧
ください。

 

日付:2012/12/28 09:06

守清館少年少女冬休集中稽古のご案内

■守清館少年少女冬休集中稽古のご案内について
年末年始に以下の通り、冬季集中稽古を行います。奮ってご参加ください。
特に中学生は日頃の稽古があまりできていない分、この時期の稽古を大切にして将来に繋げて参りましょう。

・12月26日~30日、平成25年1月3日~6日の9日間(8時~9時、守清館)但し6日は9時~10時SPC。
参加費は7,000円。現守清館会員は 無料。

守清館

■守清館少年少女夏休集中稽古のご案内について

8月に以下の通り、夏休集中稽古を行います。奮ってご参加ください。

・8月前半は2、3、4、5、6、7、9、10、11、12日(土曜、日曜は通常稽古日)です。
・8月後半は18、19、21、23、25,26、28日(土曜、日曜は通常稽古日)です。

全17回で参加費は10,000円(通常会費3,000円+7,000円)です。守清館会員は
通常会費(5,000円)のみです。平日及び土曜日は午前8時?9時です。

守清館

日付:2012/11/21 10:00

次のページ »

各道場の稽古日程はこちらから

右上の「予定リスト」のチェックを適宜外すことで、目的の道場の予定が一目瞭然で分かります。

ご質問はこちらから